デリケートゾーントラブルは専用石鹸で解消

クリニック選びが重要

ウーマン

小陰唇の縮小手術は、大阪などにある女性器整形専門のクリニックを利用しましょう。小陰唇が肥大化していると、パンツスタイルのときなどにパンツに巻き込み、擦れたり痛みを感じたりすることもあります。黒ずみの原因にもなるので、肥大化が気になる人は、まず女性器整形専門のクリニックで相談すると良いでしょう。大阪の専門クリニックでは、小陰唇の縮小や整形手術を行なうことができます。理想の形に調整して縮小できるので、左右の小陰唇の大きさが異なる場合も、キレイに揃えることができます。大阪の専門クリニックなどで行なわれる小陰唇の縮小手術では、まず小陰唇の肥大化部分を切除し、縫い合わせます。縫い目はやがて皺に隠れるので、長い期間が過ぎれば、かなり目立たなくなります。ダウンタイムと痛みがあるので、施術を受ける時には長めに休みを取っておくと良いでしょう。人によっては座れないほどの痛みを感じることもあるので、1週間程度は休みを取る方が安心です。施術後は血がにじむこともあるのでナプキンなどで対処することになります。こうしたダウンタイムや痛み、施術後の縫合や経過などがあるので、実績があり、アフターフォローがしっかりした大阪の女性器整形専門クリニックを探すことがオススメです。クリニックの口コミや専門クリニックのサイトで、雰囲気や施術の詳細、体験談などについても、しっかりチェックして、自分に合ったクリニックを選んでみてはいかがでしょうか。