デリケートゾーントラブルは専用石鹸で解消

原因と対策

女の人

チーズのような発酵臭や、生臭い臭いなど、きついあそこの臭いを気にしている人も多くいます。あそこの臭いの原因となるのは、主に汚れ残りです。普段生活している間、人間は汗をかきますし、皮脂がでます。またターンオーバーして古くなった皮膚が垢になります。そのため、普段からこれらをキレイにするためお風呂に入るのです。その際、あそこの洗い方やケアの方法を間違えると、臭いを悪化させてしまいます。あそこの汚れは、皮脂、垢、汗などのたんぱく汚れです。これに加えて、分泌液や尿、経血などの汚れもあります。汚れを落とせていないと、その汚れに雑菌が溜まって酸化が始まります。これらが酸化することで、発酵臭がするようになるのです。経血などが残っているとさらに生臭くなります。しわの部分なども専用のソープを使って汚れを洗い流しましょう。外側や内側の部分を洗うことも重要です。しかし、膣内を石鹸で洗うのはやめておきましょう。デリケートゾーン専用の石鹸でも、膣内を洗うまでは考えて作られていません。膣内の洗浄には、洗浄ジェルを利用するのがオススメです。膣内には自浄効果があり、水などで洗うと中の環境を悪くする恐れがあります。膣内洗浄は、中の環境を整えながら、汚れを流しだす専用ジェルを利用しましょう。衛生面から、膣内に入れるジェル注入容器は使い捨てタイプを利用するのがオススメです。膣内と性器の両方をケアすることで、臭うあそこと決別することができます。